ワンダフルライフ#2 & アットホーム・ダッド#2

 「ワンダフルライフ」。
 反町、ワルっぷりを発揮→周囲の反感→何かのきっかけでちょっと改心→いい人なところ見せる→ハセキョーが反町を見直す。
 最終回までこのパターンだな。
 日米野球の話が、説明的過ぎかつ改心するエピソードとしては弱いんじゃないかと。だから背番号23っていうのも何かなぁ…。
 ラストの長谷川京子の笑顔はいい。これだけ見たいのだが、これだけのために見るのはどうだろう?

 「アットホーム・ダッド」。
 阿部ちゃんが主夫業に悪戦苦闘するさまはコメディとしては面白いのだろう。しかしそのがんばってるお父さんをいきなり娘が認めてしまっては面白くない。父娘の関係はこのドラマではメインではないんだろうけど、前クール同枠の「僕と彼女と彼女の生きる道」的なものを無理やり押し込んだようで、一気につまらなくなった。
 宮迫がだんだん気持ち悪くなってきた。川島なお美は初めっからウザい。永井大に至っては何でいるのかよくわからない。阿部ちゃんに愛人でもいて、そいつが引っかき回したりする方が面白そうだけどな。

 とりあえず、2連チャンは疲れるよ。だったら見るなって話ね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント