VSキューバ@韓国

 全てが微妙にズレていた。
 大山は昨日に続いて当たっていたし、杉山が要所で速攻、ブロード、ブロックにいいところを見せていた。でも、それだけだった。
 辻のセットアップ、バリエーションがやや乏しくて攻撃が単調になってしまい、相手に読まれてことごとくブロックされていた。辻には悪いが敗因はそこだったと思う。
 解説の2人も言ってたけど、もっとバックアタックを使ってもよかったし、せっかくライトに入れた木村が全く生きてなかった。コンビ攻撃が全く出てなかったのはやっぱりカラミの高橋がいなかったからだろうか。
 それともうひとつ、これも解説で言ってたけど、ブロックでかけた後のフォロー。ほとんど拾えずお見合いまでしてた。
 これでは勝てません。
 栗原が相変わらず精彩なかったのも気になる。

 まぁ全てはアテネ本番までには修正されていることだろう。
 明日の韓国戦、相手のホームというハンディはあるけど、もうちょっといいとこ見せてワールドGPを終えて欲しい。

"VSキューバ@韓国" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント