テーマ:ドラマ

ドラマの時間、マンガの時間

 テレビドラマでは、カット割によって細分化されてはいるものの、同じ時間と場所におけるあるひとつの“シーン”という単位の中では、複数のカメラでの撮影や後で撮ったテイクを巧妙に編集することで、1本の連続した時間軸がキープされている。一方マンガは、コマ割によって時間は微妙に寸断されている。つまり、極論かもしれないけど、ドラマでは時に重要な表現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スローダンス #1

 毎度毎度放送前はあれやこれやと盛り上がり、と言うかフジテレビが勝手に盛り上げて、始まってみればなーんだってことが多い“月9”。今クールも始まりました。「深津絵里&妻夫木聡主演で送る等身大のラブストーリー」・・・出たっ「等身大」!深津絵里について語られる時に必ず出てくるコトバだ。  偶然出会った男女が反発し合いながらもいつしか互いに魅…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東京湾景#1

 絶対ヒットしなければならない月9に、今が旬の仲間由紀恵。・・・なんだけど、正直仲間由紀恵には全く興味がないのでどうでもいいと思ってた。たまたま起きててテレビがついてたので、見てみようかと。  しかし、東京という街が大好きな僕としては、このタイトルはやはり惹かれてしまう。  原作の吉田修一の本は、芥川賞を受賞した「パーク・ライフ」を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホームドラマ!#4

 「もしああしなければこうしなければって、考えるの嫌なの。やめたの。だからあたしは、ここに住んでるの、みんなと。」  「誰かといた方がいいって思ったのねあたし。ひとりだとダメになるしいつまでもグズグズだし、でも自分のまわりにいる人たちとは上手くやって行ける自信がないし、がんばれって言われても腹が立つし、気遣われるのも嫌だし、でも誰かと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬のソナタ

 見たよ見たよ「冬ソナ」!  海外ドラマって、例えばアメリカのだと、顔も名前も覚えられなくてパスしてしまう。って言うか日本のドラマ見るきっかけが、誰々が見たい(もちろん女優)だからね。でまぁこれも、ユジンとかミニョンとかユンソナとか・・・いやユンソナは出てないか。とりあえず全部は覚えてないよ。  それはいいとして、いやいや、細かい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ホームドラマ!#3 & オレンジデイズ#4

 毎回コメントするのも正直ちょっと飽きてきたな。今クールのドラマはどれもイマイチなんてことをどっかで言ったんだけど、とりあえずこの2つはいいと思う。  まず「ホームドラマ!」。  いろいろあって、ともかくも老若男女7人がいっしょに住み始めたのだが、他人同士がいっしょに暮らすことで生じるぶつかり合いが、朝ごはんの好みとかシャンプー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレンジデイズ#3

 結局見てるし…。  青春群像劇になってきましたな。どの人物もそれぞれの個性が見えてよかった。  北川悦吏子の脚本はやっぱりすごい。シンプルでムダのない言葉でちゃんとシーンを作ってる。  そして、ちょっとしたセリフや表情でうれしさや寂しさ、心のゆらぎを表現している若い役者たちがまたいい。バックで直太朗も流れないし。  柴崎コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛し君へ#2

 何だか説教じみた長ゼリが多くて、見ててちょっと疲れる。菅野美穂のモノローグもやや抽象的。  安曇(藤木直人)の写真への情熱と、それを失ってしまう悲劇を、美しくリリカルに描こうとし過ぎに思える。もうちょっとサラリと描いた方が面白いのかも。  玉木宏が菅野美穂に告白もどきして、冗談でごまかして、後でやり切れない顔をする。あのシーンはよ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ホームドラマ!#2

 事故のトラウマでバスに乗れない翔子(井上真央)は、自転車のパンクのためにバスで登校しなければならなくなるが、いざバスがやってくるとやはりあの時のことを思い出してしまって乗ることができない。暗い気持ちでぼんやりしていると、翔子の住む山梨で地震があったのをテレビで見た将吾(堂本剛)から、大丈夫かと電話が。心が揺れる翔子。  仁美(酒井若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンダフルライフ#2 & アットホーム・ダッド#2

 「ワンダフルライフ」。  反町、ワルっぷりを発揮→周囲の反感→何かのきっかけでちょっと改心→いい人なところ見せる→ハセキョーが反町を見直す。  最終回までこのパターンだな。  日米野球の話が、説明的過ぎかつ改心するエピソードとしては弱いんじゃないかと。だから背番号23っていうのも何かなぁ…。  ラストの長谷川京子の笑顔はいい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛し君へ#1

 さて、月9がスタート。1週遅れで始まるってのも真打ち登場って感じを演出してるのか? 前番組HEY!3で森山直太朗がこのドラマの主題歌を酔いしれまくって歌ってるのを見て何か見たくなくなってしまったけど、とりあえず見といた。   映画版は見てないんだけど、主役2人のキャスティングは映画の方が好き。藤木直人はともかく、菅野美穂では泣かせる…
トラックバック:0
コメント:41

続きを読むread more

ホームドラマ!#1 & オレンジデイズ#2

 別にここはドラマ批評のコーナーではないんだけど、たまたま新ドラマが一斉に始まって、とりあえずひと通り見てみようということで、今日も行きますよ。  まずは金曜の「ホームドラマ!」。  バス事故というドラマの始まりは映画「スィートヒアアフター」を思わせるけど、もちろん全く関係はない。初回2時間はちょっと長いんじゃないかと思ったけど…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more