19人がかりのLOVEマシーン

 もう何回繰り返して見ただろうか。見るほどに感慨深く面白い「19人ラブマ」だ。

 この衣装を着たこのメンバーで曲は始まる。個人的にはこの9人プラス現リーダーよっすぃの10人時代がモーニング娘。の全盛期だったと思うので、最強メンバーによる最高のオープニングだ。そして9人中6人は“LOVEマシーンのオリジナルメンバー”でもある。この曲を歌うことに対する思いは誰よりも強いだろう。中でも張り切り過ぎて声がうわずってた中澤裕子と、現役時のいい意味での暑苦しさ全開で存在感を示した圭ちゃんが印象的だった。
 最近でもラブマはテレビやライブでやってるけど、そこにはない、このメンバーだからこその何かが確実にあったと思う。

 そして、やはりこの人のことにも触れておこう。例の騒動以来、公の場で歌ったのは初めてじゃないだろうか。すごく楽しそうだったし、この人もやはりこの人なりの存在感をちゃんと持ってる人なんだなと思った。矢口がリーダーのモーニング娘。を見てみたかったような気もする。まぁ最近のバラエティ出まくりは正直何出てんだよって感じで見る気にもならなかったんだけど、今回の歌での復帰は素直に喜んであげてもいいのではないかと。って言うか今度のハロコンでZYXが復活するとかしないとか・・・。

 さて、その後の現役メンバーのパフォーマンス、これはこれで見どころはいろいろあった。画像ちっちゃくてよくわかんないけどこの画が何か好き。
 田中れいなが完全に軸になっていた。いよいよ高橋推しの時代も終わるのだろうか。愛ちゃんは確かにかわいいし歌もダンスも上手いんだけど、いかんせん存在が地味だ。その地味さがどうしようもなくマイナスオーラを発してしまって、高橋センターの大阪と色じれはコケたのではないか、と思う。じゃぁれいなかって言うとそれもよくわかんないけど、とりあえず何かを持ってる人ではあるだろう。きっかけをつかんで勢いつけば、さらに化ける可能性はあるんじゃないかな。

 というわけでこれが新3トップらしいです。ミキティも最近ちょっとお荷物な感じするなぁ・・・。

 個人的見どころ。今年もまた小川さんが見せてくれました。間奏部分でちょっとだけのダンス、ひとりだけ動きが違う。キレがあってタメもある、って言うのかな。もちろんダンスに関しては素人だけど、素人目にもわかるくらい違うよこの人は。ホントにカッコいい。まぁ静止画じゃわかんないけど。

 そして衝撃の(?)ラストフレーズ。「らぶまっし~ん」はこの人だった。これはなぁ・・・やっぱり矢口にやらせてあげたかった。でも、卒メンと現メンの共演、それは今日だけのお祭りであって、モーニング娘。は現在進行形であるということの象徴としては正しい人選かもしれない。昔CDからこの部分録音してWindows終了の時の音にしてたんだよね・・・どうでもいいけど。画面左の圭ちゃんがものすごい速さでカットインして来るのがちょっと笑える。

 
 しかし19人揃うとすごいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック